今回は、「viscuit(ビスケット)」というプログラミング言語で、めがねを使ってプログラミングを学習してもらいました。

ビスケットのめがねを使うと、自分が描いた絵を順番に表示したり、画面上で自由に動かすことができます。

非常にとっつきやすく、誰でも分かるプログラミング言語でありながら、非常に複雑なゲームを作ることもできます。

様々な学年の子どもたちが、みんな楽しそうにのびのびとプログラミングを学んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です