いよいよ今日から エンジェル君にプログラムを作ってもらいます。

「Scratch(スクラッチ)」というプログラミング言語で、ブロックを組み合わせてキャラクターを動かしたり、音を出したりしてゲームやアニメーションを作ります。

教室の雰囲気にも慣れたようで、今回は最初からリラックスして授業に臨んでもらいました。

自分でキャラクターを描くことができると教えると、あっという間に魅力的なキャラクターを描いてくれました。これから毎週、彼の描く絵が楽しみです。

自分が描いたキャラクターが自分の指示通りに動きだすのはとても楽しいと思います。こちらが教えた通りに作っていくだけだと、何度も反復練習をしないとなかなか身につかないのですが、オリジナルのキャラクターを作ることで、より主体的にプログラミングを学ぶことができ、学習したことが記憶に残りやすいのではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です